背中のお灸

最短で鍼灸師になるなら専門学校で学ぼう

お灸とお皿

鍼灸師になるためには、「はり師」「きゅう師」2つの国家試験に合格しなければいけません。その受験資格は厚生労働省または文部科学省認定の大学か専門学校を卒業することとなっています。鍼灸学校には4年間学べる大学か3年で卒業できる専門学校がありますが、早く鍼灸師になりたいなら専門学校で学ぶのがおすすめです。鍼灸専門学校で学ぶメリットは、最短で鍼灸師になることができるところです。専門学校では3年間で鍼灸師になるための勉強を終えることができるので、大学で学ぶより早く鍼灸師になることができます。また、学費を安く抑えることができるのも専門学校で学ぶメリットです。鍼灸専門学校では、実技のカリキュラムが多いなど実践的な勉強ができます。専門学校の中には施術所を持つところもあります。そういう所では、患者と鍼灸師とのやり取りを実際に見ることができたり、実習ができたりと自分が鍼灸師になったときに即戦力となれるような勉強ができます。「はり師」「きゅう師」の国家試験対策もしっかり行ってくれるので、合格率も高くなっています。鍼灸学校を大学か専門学校かで迷うなら、専門学校を選んで少しでも早く鍼灸師として活躍してはみませんか。

鍼灸学校に通うことで効率よく学べます

鍼灸師は国家資格であり、手に職を持てる仕事として若い年齢層にも人気が高まっている職業になります。一般的に鍼灸専門学校に通いますが、鍼灸専門学校では鍼灸に関する基礎知識から体の仕組みなどの医療分野を幅広く学べます。さらに医療実習など実務経験を積む場も提供されているので、効率よく学ぶことができます。特に資格取得後の実習の場として近年の傾向は鍼灸学校が医院を運営し、学生が主体となって運営などを行っているため、実際の医院マネージメントや鍼灸の実技を学ぶことができます。また、鍼灸の資格取得だけでなく、整体師などの異なる医療関連の資格を取得できるカリキュラムも提供されています。在学中に同時に資格を取得することも可能となっているので、卒業後の活躍の場を広げられるため、注目が高まっています。
そして、鍼灸学校に通うメリットは就職がしやすいことです。専門性が高い職業のため、鍼灸医院を運営する医療法人や民間企業が人材確保のために学校に直接、求人募集を行っています。さらに求人募集以外も鍼灸関連の求人から異業種の求人など様々な求人を集めた合同説明会なども開催しているので、資格取得後の活躍を広げることが可能です。

鍼灸師を目指すなら専門学校できちんと学ぼう

鍼灸師とは「はり師」と「きゅう師」の2つの国家資格を持つ、鍼や灸で治療を施す職種のことです。鍼灸師という資格はなく、「はり師」「きゅう師」ともに、ツボを刺激して自然治癒力を高める治療法を扱い、2つ同時に取得する人が多いことから、そう呼ばれています。
また、国家資格が必要な専門職であることから、鍼灸専門学校へ通うことが一般的です。
鍼灸専門学校では「はり師」「きゅう師」それぞれの専門的知識や実技の習得を通して鍼灸師として活躍できる人材を育成しています。
「はり師」の治療は先端が丸い非常に細い鍼を使って身体のツボに刺激を与えることで、気や血の巡りを改善し、症状を緩和していきます。
一方、「きゅう師」は、よもぎから作られる「もぐさ」を身体のツボの上で燃やすことで、その熱によって血行を促進し、自然治癒力を高めていきます。
鍼灸学校卒業後の活躍の場としては主に鍼灸院が挙げられますが、近年は様々な場所で必要とされてきています。
例えば、スポーツをする人向けのスポーツ鍼灸や美容を目的とした美容鍼灸など、スポーツジムやエステサロンなど、活躍の場は広がってきているのです。
鍼灸師は、直接患者さんと対話しその悩みを解決していく、人の役に立つ仕事です。また、独立開業が可能な職種でもあります。
鍼灸師としての将来を考えるなら、鍼灸学校で専門知識を身に付けるのがよいでしょう。

最新の情報

最新記事一覧

Top