背中のお灸

鍼灸師を目指すなら鍼灸専門学校で学びませんか

鍼灸師になるためには、はり師・きゅう師という2つの国家資格を取得しなければなりません。鍼灸師を目指すなら鍼灸専門学校で学ぶことが一般的です。

鍼灸専門学校では鍼灸師として必要な基礎知識や治療技術が学べます。東洋医学の知識や技術も修得できます。鍼灸学校によっては附属の鍼灸院で臨床実習も可能です。
現場に対応できる実践力も身に付けることができます。

多くの鍼灸学校では、国家資格取得に向けての対策が取られています。国家試験を意識したカリキュラムや補習、模擬試験等で合格をバックアップしてくれます。
卒業後の就職のサポートもあります。鍼灸学校によっては卒業生や講師による講演会や就職ガイダンス等が実施されています。個別指導でこまやかに就職活動を支援してくれる鍼灸学校もあります。

鍼灸師の活躍の場は医療分野にとどまらず、美容分野やスポーツ分野にも広がっています。
鍼灸の技術を応用した美容鍼灸やアスリートを支えるスポーツトレーナーなど、様々な場面で鍼灸師の活躍が期待されています。
鍼灸師は独立開業が認められており、自分の治療院をもつことも可能です。
治療はもちろん、介護を必要とする高齢者のケア等、地域医療に貢献することができるでしょう.

最新の情報

最新記事一覧

Top